FC2ブログ

プロフィール

匡

Author:匡
パチンコ業界をメインで書いてますが、その都度お思ったこと感じたことも書いています。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

ありがとう !(^^)!

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRパチンコ機 誕生!

パチンコ店の看板とも言えるパチンコ台コーナーへのプリペイドカードシステム導入が思うように進まない時、某遊技機メーカーが、カードシステムサンドと連結することで遊技可能となるカードサンド専用のパチンコ台CR機を発売した。
果してカードサンド専用のパチンコCR機を製造販売する経緯に至っては遊技機メーカーと猫取谷社長(仮称)側が率いる警察官僚などと結託したのかは定かではないが、当時、パチンコ台の遊技客の遊技単価を上げるためには、もう少し、バクチ性のあるパチンコ台を遊技機メーカーとしては、製造をしたかったはず。
そこで、警察官僚OB議員たちの推進しているプリペイドカードシステム専用のパチンコ台であれば、多少、バクチ性があるパチンコ台でも申請は下り易いのではと某遊技機メーカーは考え、製造したと考えられる。

どちらにしてもカードサンド専用のパチンコCR機は、スムーズに申請が下り、発売される。
当時の某遊技機メーカーは遊技機メーカーとして、トップ3に入る人気メーカー(今は最下位から何番目の駄目なメーカーとなっている。)だったので、事前に自社の顧客に宣伝、PRをした。
自社の顧客、自社の運営パチンコ店へすぐさま設置した所、案の定、爆発的な人気機種となる。

第1号パチンコCR機はバクチ性が高く1日のパチンコCR機1台の売上が10万~15万円上がりパチンコ店にして見れば夢見る売上となる。
200台設置×10万円=2,000万円・・・最低でも1日2,000万円の売上があるのだ。
某500台のパチンコ店では全てのパチンコ台を第1号機のCR機を設置するパチンコ店まで出始める。

遊技客も1千円が、5万、8万、10万・・・と勝てるバクチ性のあるパチンコ台なので当然、パチンコCR機が設置されているパチンコ店へ遊技しに行く。
そして、客は1,000円カード、3,000円カード、1万円カードへと高額なプリペイドカードを購入し、パチンコCR機で遊技するのである。

第1号機を製造販売した某遊技機メーカーは一人勝ちとなり勝ち誇ると同時に、ほくそ笑む面々たちがいる。
そう!デコモ・イーシー㈱猫取谷社長(仮称)、警察官僚OB議員、大手商社、大手通信会社である。

あれだけカードシステム導入を嫌だ!嫌だ!と拒んでいたパチンコ店が、パチンコCR機を設置するのに必要なプリペイドカーカードシステムを、われ先と争いながら導入をし始め、カードシステム商品自体の製造が間に合わなくパニックにもなった。
パチンコ店側は早く導入したくとも、1ヶ月、2ヶ月、下手すると半年待ちの場合もあり、パチンコ店側にしたら、1日でも早く導入し、莫大の売上を上げたいのだから、あれやこれやと、あらゆる手法を使いプリペイドカードシステムを1日でも早く導入したのである。

1台1日10万円以上の売上があるCR機の導入が10日入らなければ100万、1ヶ月入らなければ、約300万円(1台です。1台。)の売上が無く、客も来なくなるのである。
パチンコ店にして見れば、死活問題になるのだから、平気で物事を180℃変える面白い業界なのである。

第1号機パチンコCR機を製造した遊技機メーカーも売れに売れ儲かったと思う。
しかし、プリペイドカードシステムの利益の流れを考えたら問題にならないのである。

大物議員から見れば猫取谷社長は、金づるに、猫取谷社長から見れば大物議員は金を生む道具として、お互い腹の中を隠し、協力し合うのかも知れない。

当時、パチンコ業界を知らない猫取谷社長が、今ではパチンコ業界の影のボスとまで、言われる存在になる。やはり、猫取谷社長は発想力と行動力の凄い方とも言える。

それから、各メーカーもCR機を発売し始め、当然ながらパチンコ店のパチンコ台にはカードシステムのサンドが設置され、自然と各メーカーはパチンコCR機しか製造しなくなり、現在のパチンコCR機になっているのです。
関連記事
スポンサーサイト

増税・社会保障・竹島

CR機誕生の更新予定でしたが、消費税増税、社会保障、竹島問題について書きたいと思います。

消費税増税が、ついに閣議決定。
☆14年4月1日から8%
☆15年10月1日から10%
年金問題、少子高齢化問題が・・・その為には増税は仕方がなく、増税は社会保障に全て還元する等々、野田首相は言っています。
確かに今の状況の中では、増税も仕方がないのではと思っています。
ただ、何時も思うのですが、元々、このような状況の日本にしたのは誰?
国民の年金、その他、様々な税にしても、政治家が自分の私利私欲の為に無駄な公共施設を建て、ゆえに人も来ない公共施設に年間、何千万の費用を無駄に排出し、その費用って国民の税金ですよね? 
結局、政治家の失敗した政策の負担を国民が負担するだけにしか思えないのですが?
失敗したら、失敗したで、ゴメン! 今度はちゃんとしますと素直に言えないのが、政治家なのでしょうが、でも、今の民主、自民、公明、その他の党を含め、政治家がテレビなどで一所懸命に政策を言っても信じられなく思うのです。
民主、自民、公明3党の話し合いが合った後、自民党、石原のぶてるが、テレビでジェスチャーを交え、土壇場で、ちゃぶ台返しと、おどけて話をしているのを見ました。
なんか国民を馬鹿にしているようにしか見えなくて、腹が立ちました。
自民党の谷垣総裁にしても、野田首相の解散総選挙の時期について、テレビで私に喧嘩を売っているようにしか思えない!と、平気で言っていましたが・・・
今の政治家が国民に喧嘩を売っているのではと思えてならないのです。
最終的に消費税が10%になり、それから何年かして、新たに○○が問題で消費税を15%に、なんて平気で言って来るのではと思えてならないのです。
それでも、国民は我慢をしなくてはならないのか? 考えてしまいます。

韓国の李明博大統領が竹島訪問を日本政府に表明し、日本政府は韓国に対し、李明博大統領が竹島訪問を実施した場合、日韓関係の悪化につながると、竹島訪問を実施しない旨を伝えた。 李明博大統領、竹島訪問しちゃった~~!
李明博大統領にしてみれば、日韓問題より、自国の人気取りのパフォーマンスが大事、日韓問題、知っちゃこっちゃないと、完全に日本政府、バカにされている。
民主党になってから、鳩山、官、野田が日本の総理大臣ですよ、かと、言って自民党、その他の党の誰かが首相に・・・見当たらない。
も~自分で何を書いて言っているのか分からなくなってきました。

今の政治家にだけ、任せて良いのでしょうか?
前回も書きましたが、今やネットの力は凄いです。
脱原発問題のデモ行進にしても、ネットで呼びかけ、全国から集まって来ました。
脱原発の代表と野田首相が対面し、話し合いをすることにもなりました。

法律に詳しい方、ネットに強い方、経理に詳しい方、中には政治家を目指している方、様々な方がツイッター、ブログをしていると思います。
その人たちが集まり、一つ一つの問題に真剣に取り組んだらと考える時があります。

今までパチンコ業界に関して、書いて来ました。
パチンコ業界にしても、そのような人たちと真剣に話し合いをしたら、良い方向に変えることが出来ると思いブログを始めたのがきっかけでした。

パチンコ業界のこと、その他のこと含め様々な方たちと話せたらと思います。
関連記事

プリペイドカードシステムの仕掛け

パチンコをご存知の方は、今のパチンコ台と言ったら○○○CR機とパチンコ名の後にCR機と明記されており、どのメーカーも殆んど、と言って良いぐらいCR機以外のパチンコ台は製造しなくなっている。

昔は現金サンド(パチンコ台とパチンコ台の間に挟まっている玉貸機)で100円玉、500円玉、千円紙幣の現金を入れ、金額に応じた貸し玉が出てきて遊技をした。
その頃のパチンコ台にCR機は1台も無かった。

企業、個人名は全て仮称にさせていただきますので、ご了承お願いします。

デコモ・イーシー㈱の猫取谷社長(仮称)が政治家、警察官僚、商社、通信会社に声かけ(商社、通信会社への声かけは政治家、警察官僚からの声かけ)パチンコ店へプリペイドカードシステムを導入させることを提案する。

前藤田前副総理(仮称)警察庁OBの政治家、鶴井議員(仮称)、下沢議員(仮称)、四菱商事(仮称)、通信会社のMTT(仮称)その他、などが、結束しプリペイドカード会社を誕生させる。
※前副総理、政治家は元警察官僚上がりだけに、いかにパチンコ業界が美味しいかを知っている。

余談になるが、その当時の猫取谷社長がパチンコ業界に精通しているのかと言ったら
そうではない、まるっきり知らない世界なのだ、当時の猫取谷社長は、ゴルフ会員権を売り、次から次へとゴルフ場を造って行った方、まさしくバブル黄金時代のゴルフ会員権販売なのである。
バブル時代のゴルフ会員権を購入する人は、投資目的で購入する人が多く、いくつものゴルフ場の会員権を購入し、会員権の金額が上がるのを楽しみにしていた。

当時、ゴルフ場が出来上がると力のある政治家に名誉会員権が配られる。
ゴルフ場の中に会員名を連ねるプレートがあり、そこにお名前が記される。
ほ~!このゴルフ場には○○先生が会員になっているのか・・・ゴルフ場の格が上がり会員権も上がる。ゆえに、当時のゴルフ場オーナーと政治家は・・・仲が良い。
やはり、バブル時代は恐ろしくもあり、面白い時代でもあったと思う。

ゴルフ場経営は猫取谷社長が大物議員などとのつながりの1つでもあり、大物議員にとって、猫取谷社長は金づるとして大切な人になる。

前籐田副総理、猫取谷社長、その他、数名と会食をしている時に猫取谷社長がパチンコ業界って美味しいようですね。
全国のパチンコ店の売上を管理できるシステムを構築すれば・・・で、出来たのがプリペイドカードシステムなのである。
ある意味、飯食べながら、雑談と美味しい話の中から生み出されたと言っても、可笑しくはないし、決して悪いことではない、猫取谷社長の人脈、考えから生み出されたのだから、凄い行動力と発想の持ち主と言える。

新しく考え出される物は、雑談から生まれる物かも知れない、良く、新しいアイデア商品が出ると、そうそう俺も考えていた! 私もあると便利と思っていたと私もそうだが、言う人がいる。
多分、考えていたのだろう!思っていたのだろう!
しかし、実行力、行動力がなかっただけで、大きく変わるのだと思う。
もう一つ、お金と言うゆとりも必要かとも思う。
余談が余談へと長くなってきているので話を戻す。

当時の日本を代表する面々が集まったのだからスムーズにパチンコ店に導入は進むだろうと多分、思っていたはず。
導入させる為の大義名分も
 ☆脱税トップのパチンコ店の売上を明確に!
 ☆パチンコ店の利益が海外、北朝鮮などへ流出を防ぐ!
など大きな大義名分をかかげ・・・所が・・・そんなに甘くはなかった。

パチンコ店側も
★冗談じゃない!
★パチンコ店の売上が丸見えに!
★何でそんなシステムを導入しなくてはならないの?
★高いシステムを入れるメリットなんぞ何もない!
★バカじゃない!
と導入を拒むパチンコ店がほとんどで、当たり前だが、中々導入は進まなかった。

パチンコ店への導入の強制は出来ないパチンコ店が導入しなくとも所轄警察が、パチンコ店へとやかく言えないのである。

警察官僚OB議員、大手商社、大手通信会社などを集め、猫取谷社長が仕掛け、各々が大きな利権になることを知っている。
黙って見ているはずがない面々が集まったのだから、パチンコ店が一生懸命にフザケルナ~~!と言っても無駄なのである。

導入が中々進まず、各所轄からパチンコ店への嫌がらせが始まる。
 プリペイドカードを導入しない店舗は
 ☆遊技機の入替の申請を所轄へ提出→ギリギリまで許可を伸ばす。
 ☆新店の出店申請を所轄へ提出→ギリギリまで許可を伸ばす。
パチンコ店にとって申請を受理していただけないと言うことは営業が出来ないと言うことになる。(最終的に許可は下りる。ただ、ギリギリまで延ばされる。)

当時のパチンコ店の売上は遊技機1台平均、最低4、5万円(優良店は8万、10万の店舗もある。)の計算で小さな300台の店舗でも1日1,200万~1,500万円の売上が無くなるのである。
ましてや500台の新店舗申請をした場合、ギリギリ延ばされた場合2ヶ月間は延ばされる・・・2ヶ月間の売上が無くなるのである。(計算をしてみてください。)
パチンコ店側にしたら恐ろしいことである。

警察側もカードシステムをパチンコ店の全台に導入とは言わず、パチンコ台コーナー、スロット台コーナーのどちらかに導入していただけると助かるな~と、遠回しに言う。
※今でもそうだが、警察はこれをやりなさいとかは言わない、必ず逃げ道を作って物を言う組織である。ま、政治家もそうだが。

当時のパチンコ店のパチンコ台とスロット台の設置費率は当然、パチンコ台の設置費率が多く、300台の店舗でスロット台の設置台数が少ない店舗で20台、30台位である。
仮に300台全台にカードシステムを導入するとしたら、保証金、システム購入費用などなど合わせたら4,000万円~5,000万円はかかったと思う。

パチンコ店側も営業を延ばされる期間の売上、所轄から睨まれる事を考えると一番被害の少ないスロット台コーナーへの導入店舗が増え、一時、スロット用のカードサンドシステムの製造が間に合わない事態も起きる羽目になる。

パチンコ店側が、バカじゃん! 導入する訳ないじゃん! と言って叫んでも、警察の許認可営業であるパチンコ店側は、警察官僚OB議員含む面々には勝てないのである。

仕掛け人たちにとって、スロットコーナーのみの導入では美味しくない、パチンコ店の売上のメインであるパチンコ台コーナー全台に導入していただかなくてはと考えるのである。 そして、パチンコCR機が誕生するのです。

次回、パチンコCR機誕生を更新予定。

政治家・警察利権

バッシングの多いパチンコ業界、警察利権のパチンコ業界、パチンコ業界から政治家などへ渡る金、脱税の多いパチンコ業界、北朝鮮へと流れる金などとグレーの多いパチンコ業界。

2011年3月11日の東日本大震災、福島原発問題から日本は変わって行かなくてはならない事態におちいる。
今まで政治家と大手建設業、電力会社、大手企業との・・・等々と当たり前のごとく癒着はあり、警察官僚もパチンコ業界へ警察利権を使いパチンコ関連の企業へ天下り、袖の下と平然のごとく行って来たし、行動成長期時代はそれが当然のような時代とも思えた。

所が!2011年3月11日の東日本大震災、福島原発事故、福島原発事故の東京電力、政府の対応、東北復興計画、被災者への対応、消費税増税など今まで、もっともらしく能書きを垂れていた政治家たちの無能さが目立つようになる。

いまやネットの力は強く、ネットによる脱原発、癒着、不正、バッシングとツイッターなどで様々な情報を配信する国民、それを政府、警察などが全て抑えることは不可能となる。

政治家は右往左往しながら国民に伝える・・・しかし国民には伝わらない。

今の政府の無能さ、政治家の保身、対面ばかりが目立つようになる。

国民のいら立ち、怒りは爆発し、ツイッターなどで呼びかける、全国から集まりデモ行進がおきる。

政府の対応を待っていられず国民自ら立ち上がり復興活動をする国民が増える。

それら行動を止めることは出来ない、何故ならば・・・真実だから。

今の若き議員が国民の意思を何処まで本気になり、活動するかは分からない。

大阪の橋本市長が、今の政府を改革しようと一生懸命に活動をしている、それがパフォーマンスなのか真実なのか私には分からないが、悪いことではないと思う。

今までの政府、政治家、警察官僚のままでは、日本の未来は明るくない事は確かなのだ。

次世代の若き人が日本の未来に希望の明かりが見える状況にすることが、今の時代には必要なことだと思う。

ツイッター、ブログなどを通じて物申している人たち。
面白半分の人、今の日本では駄目と真剣に物申している人、様々な人たちがネットを通じて訴えているのだ。
関連記事

アジアのパワーは凄い!

昔、在日朝鮮人は日本で暮らしていくために仕事を探すが、まともな仕事は無く、また、与えられず、ならば自分らでと焼き肉店、飲食店、サウナ、パチンコ店など、ありとあらゆることを始め生計を立てた。凄いパワーの人たちではないか!

当然ながら日本人も負けてはいない!
ドコドコに移り住み荒れ地を耕し、苦労の日々を過ごし、今ではなどTV放映されるのを見ることがある。

在日朝鮮人とか日本人とかではなくアジアのパワーは凄いのだと思う。

繁盛している焼き肉店、美味しいと評判のキムチ等の朝鮮料理、パチンコ店だって20兆円産業と在日朝鮮人から始まって日本で繁盛している物は沢山あり、日本人もその業種に参入をしている。

ただ、パチンコ店からなる利益、北朝鮮系の某遊技機メーカーなどの利益が北朝鮮に流れている・・・それも現実なのだ!

だから何かとパチンコ業界は叩かれ、バッシングされるのである。
関連記事

経済効果・雇用

パチンコ業界に関連した企業への経済効果、雇用は果してどの位あるのか?

パチンコ店に設置する遊技機を製造するだけでも必要な部品は沢山ある。
ましてや今の遊技機は様々なキャラクターを取入れている為、様々な版権使用料をメーカー側は支払い製造をしている。
中にはパチンコで使用され、人気の出るキャラクターアニメもある。
 ☆映画化されるアニメ映画、様々な人気キャラクターグッズなどもある。
版権使用料、液晶、クギ、様々な電子部品、部備品と遊技機を製造するだけでもかなりの物が必要になる。

遊技機500台設置のパチンコ店を1店舗出店するだけでも設計、建築、内装、外装、店舗内の島、ホールコンピューターと様々な物が必要で、立地などで違いはあるが立地条件の良い駅前店舗で1店舗20億、30億かかるケースもある。

パチンコ産業を20兆円産業と言うが、それは全国のパチンコ店舗の売上であり、パチンコ店以外の企業に与える経済効果は凄いものがあると言える。
また、それに関連した雇用となれば、何百万人の雇用が生まれており、安易にパチンコ店は無くなれば良いと言っていいのか?疑問に思える。

当初、パチンコ店は在日朝鮮人の方が日本で仕事がなく焼き肉店、パチンコ店と自分たちで働きの場を作り、日本での生計を立てる手段としてパチンコ店を始めた。
 ☆日本もその位ならば半ば黙認の形で認めていたと思う。

そしてパチンコ店で交換されるタバコを暴力団が、お金に交換したのが、換金の始まりと聞いている。
暴力団が関与し始めたことで警察の目が厳しくなりパチンコ店を風営法に当てはまるとし警察指導の下に入り警察の利権となる。

まさか、100円で玉を購入しチンジャラ、チンジャラと騒音のうるさいパチンコ店が20兆円産業と言えるほどに成長するとは警察、日本政府でも思わなかっただろう。

だが、今ではパチンコ店による様々な企業への経済効果、雇用に大きくつながっていると言うことを知っておく事は大事なことではないかと思う。
関連記事

高価な遊技機

昔はパチンコ店の遊技機の購入入替は年間約4、5回程度だった。
遊技機メーカーが上場したおかげで、上場したメーカーは売上を上げる為、毎月と言っていいぐらい新機種を出しているメーカーもある。
新機種の販売価格もどんどん高くなりパチンコ台1台平均価格300,000万円に、中には400,000万円のパチンコ台もある。

500台の店舗に設置している遊技機(全て新機種ではない。)トータル価格は、いくらになるのだろう!1店舗に何億の遊技機が設置されていることになる。
それだけ高価なパチンコ台を購入し、パチンコ店に設置しても1週間で客が遊技しなくなり1週間で外すパチンコ台もある。

それでもパチンコ店はメーカーに文句を言いつつも名の売れているパチンコメーカーの新機種を購入するのだ。
パチンコ店は今回、駄目と分かっている新機種でも次回、発売される新機種または何月頃発売予定のメーカーメインの新機種を優先的に購入できるよう駄目と分かっている新機種を小台数でも有名メーカーの新機種を購入するのである。

そこの所をメーカー側も熟知しており、メイン機種は何時頃の販売予定とパチンコ店に伝え、メイン機種の発売前にメーカー側は、無理に新機種を製造し販売をする。
メーカー側はパチンコ店に今回の新機種を購入(俗にいう機歴販売)しないとメイン機種は入りにくいと話をする。

某パチンコ店がメーカーの営業マンでさえ駄目な新機種と分かっているのを販売するくらいならメイン機種を50万円で販売してくれた方が、まだ良いと言っている。
確かにメイン機種を購入する為に駄目な機種を購入すると言うことは
☆駄目な機種30万円+メイン機種30万円=約60万円の費用がかかる。
☆警察(生活安全課)に機種設置の申請書を2度提出することにもなる。
パチンコ店はブーブー言いながらも有名メーカーの新機種を購入するのである。

新機種を購入するパチンコ店は製造販売するメーカー側から見れば、大事なお客様のはず、いや!それが一般常識のはずである。
その一般常識が通じる業界でないのがパチンコ業界なのだ!
製造販売メーカーは表面的にはお客様と言っているが、内心では文句を言うと販売しないぞと思っている。製造販売メーカーの方が強いのである。

実際に有名な製造販売メーカーの営業マンの販売方法は電話一本である。
◆メーカー側:パチンコ店に電話をし、何台欲しいですか?
◇パチンコ店:5台と言う
◆メーカー側:5台?5台では売れないですね!今回の新機種は1島か(遊技機を設置している所の島を言い1島平 均30台位である。)最低でも20台でないと売れないですね~と平気で言う。

大手パチンコ法人は平気で購入できるが、弱小のパチンコ法人は購入しないで、中古が出るのを待つパチンコ店もあり、中には一切、新機種を購入しないで中古のみでパチンコ店を営業している店舗もある。
新機種を購入する費用負担を遊技客に還元し、繁盛しているパチンコ店もある。

それならば、全ての店舗が中古機で営業をすれば良いではないかと言うと、そうは行かない新機種が販売されるから中古機が出てくる。

大手パチンコ法人はドンドン新店舗を出店し50店舗、70店舗、100店舗と増やし有名メーカーの新機種をドンドン購入入替し、外れた機種をチェーン店へ設置する。
その中で本当に要らない機種を中古機として販売処分する。
その他、色々あるが考えれば可笑しくまた、恐ろしくも思う。
関連記事

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。