プロフィール

匡

Author:匡
パチンコ業界をメインで書いてますが、その都度お思ったこと感じたことも書いています。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

ありがとう !(^^)!

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙

選挙が終わり、結果は案の定というか自民党政権に逆戻りになりました。

ま、仕方がないというか他の政党を考えると?ここと言う政党が無く私も自民党に1票でした。
ただ、議員さんも可哀想な気がします。
皆さんがそうだとは思いませんが、議員さんに1票ではなく政党に1表と言う感じがしています。
去年は民主党だから議員になれた1年生議員、今年は民主党だから落選してしまった。
逆に今年、自民党だから当選した議員は沢山いると思います。
それだけ個々の議員に魅力が無いのだと感じます。

とにかく選挙も終わりましたので改めて新企画のビジネスの活動に動こうと思います。
ビジネスの概要を話した人には興味を持っていただけています。
今回のビジネスのポイントはビジネスで得た利益は全て社会貢献に使用するのがポイントです。

今の政治がダメならば、自分たちで少しでも社会に貢献できる仕組みをと考え今回の企画を考え活動して3年、来年4年目に入ります。
様々な方と話をし、意見を聞き法的な部分も調べ大丈夫と言う意見に達して来ていながら足踏み状態になり、その理由は・・・情けない話しですがmいずれ書きたいと思います。

利益を全て社会貢献に?と不思議に思う方もいるでしょう当然、ビジネスですから利益が無くては企業は成り立ちません。そこの所は改めて書きたいと思います。

皆さんの知恵と力は何時でもお待ちしています。
スポンサーサイト

除染・復興事業員不足

東日本大震災にて福島第一原発事故による放射線漏れで汚染された福島県の各市町村で除染作業が始まっている。
いわき市のいわき地区組合のセミナーで、復興事業員不足などで復興事業に対応できないとの訴えが組合側から相次いぎ除染など公共事業が増加する中、作業員の確保が追いつかないが改めて示された。
今後、発注増が見込まれ災害公営住宅の建設事業への対応にも難しいなど懸念の声も上がり、いわき地方復興局長は作業員の宿舎問題など復興事業を進める上での課題を共有し、解決に努めると考えを示した。

東日本大震災による甚大なる災害、原発事故による復興建設事業、放射能汚染土壌の除染作業、汚染土壌の仮置場問題、汚染物焼却など様々な災害復興事業が始まり、それらの工事の受注を獲得する為に大手ゼネコンは様々な手法で受注をしている。

ただ、残念ながら発注している国、市町村は大事なところを見落としている、宿舎問題はたしかにあるが作業員の確保が追いつかないと言っている時点で、机上でのお役所仕事と言われるのだと思う。

東日本大震災で、どれだけの人が職を無くし日々の生活に困っている人が、どれだけいるのかは国、県、市町村は把握をしていながら作業員の確保がと馬鹿げたことを言っていると私は思う。

各公共事業を大手ゼネコンへ発注、各大手ゼネコンが入札、発注先の役所と打合、後は進捗状況、資料の提出を見るだけのお役所仕事。
各現場で作業をしている人が、どんな契約で来て、結果どのような待遇と賃金を支払われ、現場を去って行く人がいるのか、現場作業が暇になれば、派遣、アルバイト、パートは直ぐ首を切られ職を無くす人がいるのか。

お役所さん、政治家屋さん、現場作業で働いている人たちを良く見たことがありますか?災害で職を無くした人、生活費に困ったお年寄り、東北以外の各県で仕事が無い人たちが東北復興事業の職に就こうと北は北海道から南は沖縄まで各県から東北へ働きに来ているのですよ、それらの状況、作業員の現状を知って作業員不足と言っているのですかを聞きたいし、働きたい人は沢山いるのですと言いたい。

中国の反日暴動

尖閣諸島日本国有化に対して、中国人の日本人への暴動はエスカレートして行く。
・中国の雲南省での震災支援に行っている日本人青年に30人位の中国人が殴る、蹴る、タバコの火を押し付けるなどのバカな暴力行為を行い日本人青年が怪我をする。
・中国で日本人老夫妻が散歩中にバカな中国人から暴力を受け怪我をする。
・日本人経営のスーパー、企業には相変わらず、バカな中国人による破棄と略奪が増えて来ている。
益々、ヒートアップする日本に対する一部の中国人の暴力、略奪行為。
現在は鎮静化しつつあるが、尖閣諸島日本国有化に対するデモと中国人は思っているのか?それとも、尖閣諸島問題を利用し、暴力、略奪を行っているのか?
また、今回のデモを起こすためにアルバイトを雇ってデモを引き起こしたとの噂もある。
ただ、ハッキリ言えるのは決して、デモでも何でもない、ただの盗人集団の集まりが、騒ぎを起こして罪もない、それも中国の震災に対して、少しでも役に立てればと中国でボランティア活動をしている青年1人を30人で暴力を振るう、力も無い散歩中の老夫妻に暴力を振るうなど、人として断じて許されない行為をしている一部の中国人。
※デモとは思えない行動の為、暴動と明記させていただきます。

中国は急激な経済高成長を遂げ世界貿易機構(WTO)にも加盟し10年を過ぎた。
余りの急激な経済高成長のため、中国人自体の中身が追いついていないかに見え、そう見られて仕方がない今回の暴動である。
罪なき人を傷つけるような許されるべきでない行為の暴動を中国政府が容認していると言うのが、情けなく思え、今の日本の政府、政治家も情けないが、ただ言えるのはデモと暴動は違うと認識をしている日本人はデモを起こしても罪もない人に暴力は起こさない。
無力な政府、政治家に対して我慢の限界が来たとき政府、政治家に対しデモを起こすのである。

脱原発デモもその一つのデモである話は少しそれるが、脱原発には決して反対はしない。
ただ、原発に代わる電力が現在あるのか?日本の知恵と技術により原発に代わる電力は、いずれ生まれると思うし、それだけの知恵と技術は日本人にあると思う。
今まで何不自由なく電力を使い便利になった今の時代に国民が少し前の不自由な時代に我慢が出来るのか?最新機器、最新医療に障害が出ないのか?など様々な弊害は出ないのかなどを良く考えていただきたい。
日本の未来と次世代の子供たちの未来を考え、必要な所には電力を供給するならば、多少の不自由な生活でも別段構わないと言うならば脱原発は賛成である。

話を戻すが、もし、噂のように今回のデモと称する暴動を引き起こすためにアルバイトを雇って暴動を引き起こしたならば、そのようなバカな暴動を止めるのは中国人自身で止めるのが本当ではないか。
今回の暴動で、誰が得をするのか?暴動による結果がどうなるのかを分かっている中国人もいるのではないか、暴動によって被害、迷惑をこうむっている中国人もいるのではないか、尖閣諸島問題でデモを起こすならば、暴動でなくデモをすれば良い。
罪もない人達、企業に破壊、暴力を行っている行動を今、世界中の人が見て、どう思っているのか、中国人のモラルの低さを一部のバカな中国人の暴動によって中国全国民が同じように見られていることを知っていただきたいと思う。

最後に一つ言いたい、今の中国人が行っている暴動に対抗して、日本に居住している中国人に仕返しをしてやると言うようなバカな行動はしないと思うが、してはならない、仮にそのようなバカな行動を引き起こすような方、グループが、いたとしたならばバカな行動に参加をしないでいただきたい。
中国に対して別な方法でも十分対抗できる力があると思っているし、その様な無知で、バカな日本人はいないと私は信じたい。

尖閣諸島と日中関係

尖閣諸島の日本国有化に対して中国政府、企業、一部の民衆が、対抗措置、暴動が拡大の一途をたどっている。
福島空港と上海路線の再開に向け福島県知事が中国へ飛んだ、会談予定の中国政府担当者から急遽、対談のキャンセル、理由は尖閣諸島の日本国有化の動きが理由。
・福島知事は空港企業にも会談を求めたが拒否。
・毎年、中国国内で行われていた日本企業のイベントも相次いで中止。
・中国国内で一般日本人が飲食店で中国人に因縁をつけられ暴行される。
・中国で日本製品不買運動が始まり、それを中国政府は容認を発表。
中国人が日本製品を一切、購入しなければ日本経済は破滅するとまで言われている。
これからも、中国政府、一部の中国人の暴動などが活発化されるだろう。
※何故、私が一部の中国人と明記するかは、全ての中国人が日本を嫌っているとは思えない、日本人とて同じで中国を好きな人はいる。
中国人にも日本の友達がいるだろう。日本人にも中国の友達はいいるだろう。
一部の人間の主観的な考え、中にはただ、意味なく無責任な考えで暴動を面白がって行っている一部の一般人もいる。下手するとヤクザが主導する暴動も中にはある。
その暴動に便乗、参加して騒ぎ、略奪さえも起こし、暴動の趣旨も分からず、むやみにエスカレートして行く。
デモをするなとは言わない、問題に対して毅然とした態度でデモをすれば良い、問題の解決に向けてのデモをおこせば良い、暴動を起こすことで、どれだけ善良な市民が迷惑をこうむるのかを分からないのだろうか?暴動とデモは別であることを分かっていただければ良いのだが、今の中国では無理であろう。ヤクザが火をつけた暴動も無理であろう。
だからこそ一部の一般人と善良な市民とを区別するために一部の一般人と明記させていただきます。

尖閣諸島国有化に対する中国側の対応に今の日本政府が、毅然とした対応が出来るのだろうか?当然ながら戦争をするまでには、両国とも考えてはいない。
中国側に対して日本政府の対応によって、ロシアとの北方領土問題、韓国との竹島問題に大きな影響が出るのは必然で、ただでさえも現状の日本政府は甘く見られ、ロシア、韓国は、したい放題ではないか!
テレビ、新聞ではロシア、韓国、中国の動きに只々、遺憾に思う、理性ある行動をしていただきたいと思う。など、述べるのみで、何の対応も出来ない日本政府である。
日本企業も今一度、考えて欲しい、今の中国は有頂天になっているしか見えないし、有頂天にしたのは日本企業のせいでもあると私は思う。
中国側が日本製品不買運動をしているならば、それはそれで良いではないか。
日本でも中国食品に関して一般消費者は不安で、商品の裏に記載されている使用品目に必ずと言って中国産が入っている。不安ながら購入している消費者もいるのである。

中国側が日本製品不買運動を起こすならば、日本人とて好きで中国産を購入しているわけでは無いと、中国商品を購入しなければ良いのではないかと私は思う。
それによって弊害があるならば、弊害が無いように考えれば良いのではないか。
今まで、今でもそうだが中国は日本製品のモノマネ、コピー商品で儲けているのではないか、日本の国の名称を勝手に意匠登録しては難癖をつけ儲けようとしているではないか、他の国の商品を勝手に中国国内で特許を取得し、中国もそれを容認し、特許侵害として他の企業から莫大な金額を要求しているではないか、中国が日本に対して友好関係なく接するならば、日本とて中国製品が無くとも別段、困らないと対応すれば良いではないかと私は思う。
日本人の技術、アイデア、企業などは今でも世界トップレベルと思う。
ただ、人件費が安いから、中国はバブルだから(もう崩壊しつつある。)儲かると言っては中国、中国と目を向けているのも問題と思う。

日本政府は今回の尖閣諸島日本国有化に対しての契約金にしても、私達の税金を使用しているのだと理解しているのだろうか?
いや、理解して中国側に対して毅然とした態度での対応と私達の税金をまた、無駄な使用にならないようにしていただきたいと願う。
とは言って今の日本政府に期待することは難しいのではないかとも思う。

CRパチンコ機 誕生!

パチンコ店の看板とも言えるパチンコ台コーナーへのプリペイドカードシステム導入が思うように進まない時、某遊技機メーカーが、カードシステムサンドと連結することで遊技可能となるカードサンド専用のパチンコ台CR機を発売した。
果してカードサンド専用のパチンコCR機を製造販売する経緯に至っては遊技機メーカーと猫取谷社長(仮称)側が率いる警察官僚などと結託したのかは定かではないが、当時、パチンコ台の遊技客の遊技単価を上げるためには、もう少し、バクチ性のあるパチンコ台を遊技機メーカーとしては、製造をしたかったはず。
そこで、警察官僚OB議員たちの推進しているプリペイドカードシステム専用のパチンコ台であれば、多少、バクチ性があるパチンコ台でも申請は下り易いのではと某遊技機メーカーは考え、製造したと考えられる。

どちらにしてもカードサンド専用のパチンコCR機は、スムーズに申請が下り、発売される。
当時の某遊技機メーカーは遊技機メーカーとして、トップ3に入る人気メーカー(今は最下位から何番目の駄目なメーカーとなっている。)だったので、事前に自社の顧客に宣伝、PRをした。
自社の顧客、自社の運営パチンコ店へすぐさま設置した所、案の定、爆発的な人気機種となる。

第1号パチンコCR機はバクチ性が高く1日のパチンコCR機1台の売上が10万~15万円上がりパチンコ店にして見れば夢見る売上となる。
200台設置×10万円=2,000万円・・・最低でも1日2,000万円の売上があるのだ。
某500台のパチンコ店では全てのパチンコ台を第1号機のCR機を設置するパチンコ店まで出始める。

遊技客も1千円が、5万、8万、10万・・・と勝てるバクチ性のあるパチンコ台なので当然、パチンコCR機が設置されているパチンコ店へ遊技しに行く。
そして、客は1,000円カード、3,000円カード、1万円カードへと高額なプリペイドカードを購入し、パチンコCR機で遊技するのである。

第1号機を製造販売した某遊技機メーカーは一人勝ちとなり勝ち誇ると同時に、ほくそ笑む面々たちがいる。
そう!デコモ・イーシー㈱猫取谷社長(仮称)、警察官僚OB議員、大手商社、大手通信会社である。

あれだけカードシステム導入を嫌だ!嫌だ!と拒んでいたパチンコ店が、パチンコCR機を設置するのに必要なプリペイドカーカードシステムを、われ先と争いながら導入をし始め、カードシステム商品自体の製造が間に合わなくパニックにもなった。
パチンコ店側は早く導入したくとも、1ヶ月、2ヶ月、下手すると半年待ちの場合もあり、パチンコ店側にしたら、1日でも早く導入し、莫大の売上を上げたいのだから、あれやこれやと、あらゆる手法を使いプリペイドカードシステムを1日でも早く導入したのである。

1台1日10万円以上の売上があるCR機の導入が10日入らなければ100万、1ヶ月入らなければ、約300万円(1台です。1台。)の売上が無く、客も来なくなるのである。
パチンコ店にして見れば、死活問題になるのだから、平気で物事を180℃変える面白い業界なのである。

第1号機パチンコCR機を製造した遊技機メーカーも売れに売れ儲かったと思う。
しかし、プリペイドカードシステムの利益の流れを考えたら問題にならないのである。

大物議員から見れば猫取谷社長は、金づるに、猫取谷社長から見れば大物議員は金を生む道具として、お互い腹の中を隠し、協力し合うのかも知れない。

当時、パチンコ業界を知らない猫取谷社長が、今ではパチンコ業界の影のボスとまで、言われる存在になる。やはり、猫取谷社長は発想力と行動力の凄い方とも言える。

それから、各メーカーもCR機を発売し始め、当然ながらパチンコ店のパチンコ台にはカードシステムのサンドが設置され、自然と各メーカーはパチンコCR機しか製造しなくなり、現在のパチンコCR機になっているのです。

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。